2018年07月30日

東京国際合唱コンクール 終わりました

こんばんわ。
先ほど表彰式から帰ってきました。

私はグランプリコンクールを生で観ることができなかったのですが、表彰式には参加させていただきました。

グランプリコンクールを観た先生、団長、副団長はそのレベルの高さに驚いていました。

表彰式は各カテゴリー順次点数と賞が発表され、波田少年少女合唱団は児童合唱部門16団体中11位で、銀賞を頂きました。
応援していただいた、松本市、安曇野市、宮田村をはじめ多くの皆様に心より感謝申し上げます。


グランプリを受賞した香港の団体が最後披露した曲は映画でも観ているかのような光景と歌声でした。
本当にレベルの高い大会で、世界レベルとはこういうものなのかと思い知らされました。

このレベルの高い大会に波田少年少女合唱団は小学生から高校生までの参加可能な全メンバーで参加し、銀賞をいただけたことは、大変素晴らしいことだと思います。

一方、もっとできたのではないかとも思いました。

帰りの車のなかでは、この結果の振り返りと、今後の方向性についてずっと話し合っていました。

第1回東京国際合唱コンクールがいい意味での新たな波田少年少女合唱団の起点にできるよう、団員、先生方、スタッフ、保護者それぞれ考え、話し合っていく必要があると思いました。

私は、波田少年少女合唱団は選抜したチームで賞を取りに行くような団体ではなく、全員が団結し、心をひとつにして、よさを出していく合唱団だと思います。コンクールに向けたこの半年でずいぶんと団結力と合唱のレベルは上がったと思いますが、あと一歩足りず銀賞だったのではないかと思いました。波田少年少女合唱団のモットーを大切にしながら、その一歩を埋めるにはどうすべきか、考え続けたいと思います。



posted by 活動速報 at 03:12| コンクール

2018年07月22日

いよいよ7月27日 東京国際合唱コンクールへ!

こんにちは。

久々の投稿です。

いよいよ来週27日に第1回東京国際合唱コンクールに出場します。
昨年11月に、この第1回東京国際合唱コンクールを見つけ、名前からしてもわくわくするのですが、詳細を見ると、なんと、あの松下耕先生総合的プロデュースによる国際コンクールということで、益々興味がでました。さらに、本コンクールは2014年に出場したヨーロッパ青少年国際音楽祭にカテゴリー分類やコンセプトも似ていていて、これはぜひ出場するしかないexclamation、ということになりました。

波田少年少女合唱団が出場する児童合唱部門は24団体の予選応募に対して、16団体が予選通過、本選に出場することになりました。
本選出場する16団体のうち、7団体が海外からの参加ということで、まさに国際コンクール、とっても楽しみです。

あと1週間と迫ったコンクールはますます盛り上がってきて、すでにわれわれが出場する児童合唱部門のチケットは完売です。
是非、コンクールホームページをご覧いただき、盛り上がり具合をお確かめください。
https://www.ticctokyo.icot.or.jp/


波田少年少女合唱団は今年1月から本格的なコンクールの練習に入り、4月からは通常の練習に加え、1時間のコンクール練習をしてきました。

波田少年少女合唱団は小学生から高校生まで、幅広いメンバー構成が特徴です。もちろん中高生のみでコンクールに参加すればより高いレベルの演奏は可能かもしれませんが、波田少年少女合唱団はコンクール出場可能な小学3年生から高校3年生までの全メンバーで出場することしました。
小学生から高校生まで、全員で、「心をひとつに、そして愛をあなたへ」を、コンクール会場である第一生命ホールに響き渡らせたらいいなと思っています。

昨日、今日とコンクール前の最後の練習を行いました。

練習の最後には各パートに分かれ、コンクールに向けてより一層の結束を図りましたぴかぴか(新しい)

IMG_20180722_162832.jpg

結果はまたご報告しますねるんるん

posted by 活動速報 at 19:37| コンクール